HOME › NEWS and EVENT › 仕事

NEWS and EVENT

仕事

2018年12月 3日

今日は雨ですね。

暗くて何だかすっきりしません。

私は商いを始めさせていただき30年が経過してきました。

24歳でした。それこそ始めたころは右も左もわからず

一生懸命に試行錯誤を繰り返してここまで生き延びてきました。

私のやってることなんてまさに趣味みたいなものですから

これで生計を立てていくということは結構大変だと思います。

子供のころからバイクが好きで特に大きな排気量の単気筒エンジン搭載の車両や

その当時からしても古いバイクに憧れてました。身近だったヤマハSRが大好きで乗ってたこともあり

それらの関連のパーツやグッズを販売しておりました。

お店を構えてましたから人が来たらお話して注文などいただいて販売させていただいてたもんです。

時代が変わるたび自分の興味が変わるたびいろいろ販売する商品やサービスも変化してきました。

1999年からドカの販売をメインで頑張ってましたが体が壊れたり社会情勢やメーカーの販売網の変化で

ここ数年はまた形態が変化して修理や旧車、カスタムの仕事になってきております。

パーツはもちろんオートバイ本体でさえインターネットで探して買う時代

ポチって買うようになりましたね。

お店に来る方も時代の変化とともに変化して(世代の違いなのかな)

世代のギャップもあり会話ができない場面が多くあり苦悩します。

それこそどんなお方が来るかわかりませんからなんかお探しですか?御用ですか?

声をかけさせていただきますが別に何も!と言われれば、そうですかと会話は終わります。

なにかあるから来られるのであろうから目的を言っていただければ割と楽に会話ができたりするのですが。

いろんなタイプの方いるので難しいものです。

いきなり入ってきてトイレ貸してくださいとか言う人もいます。

そりゃ漏れるかもしれんけど見ず知らずのところ来てなかなかあれです。

オートバイ屋とは言え客商売ですが年々接客ということに向いてないと思います。

今の時代はお客さんに買っていただくためにいろいろなサービスをするされることが普通なのか

それが常識化して便利すぎる世の中になっており私みたいな昔ながらの職人系のへんこおやじは

もっとペースを落としてマイペースで仕事しないとしんどいですね。

どんどん人嫌いになり人とかかわるのが嫌になったりします。

得意な分野の仕事を与えていただければ能力発揮できるんですけど。

これもまた時代に合うのかどうなのか?

費用対効果ということ考えると考えさせられることもありますが。

商売も人生も難しいものですね。

今年もあともう少し

残してる仕事に大掃除と

人嫌いにならないように気をつけながら頑張ります。

IMG_1266.JPG

このページの先頭へ