HOME › NEWS and EVENT

NEWS and EVENT

お休みします。

2017年3月26日

春はもうすぐそこまで届いていると思うのですが
まだまだ寒いですね。

誠に勝手ながら30日までお休みします。
31日からの営業となります。
よろしくお願いします。


スタッドボルトさびまくりです。

IMG_0951[1].JPG

中古車 ムルティ1200オーリンズ付き

2017年3月16日

走行は9000Kmほど車検29年10月まであります。

当店出庫のワンオーナーのオートバイ

左右、トップのパニアケース付いてます。

ナビもあります。

テルミEXもついてたりして

これからのツーリングシーズンに向けてとっても良いんじゃないですか!

お得です。

99万円税別

お早めにどうぞ!

なかなかお手軽価格でこんないい車両ありません。

IMG_0932[1].JPG

3月

2017年3月 9日

高校入試も終わったそうである。
受験生の親御さんはお疲れ様でした。

一つのヤマは越えましたがあとは発表そして未来に向けて!ですね。

昨日ほどではないですがまだまだ高松寒いですね。

3月も中近いですが春は見えてはいますがまだ、って感じです。

街も静かなのではないでしょうか?

年度末を迎え通年だと街全体がバタバタとあわただしく動いて肌で感じる年度末

みたいなものがありますが寒さとともに街も静かですね。

新規事業や開店などの良い話よりも閉店や廃業の話の方が多い様な気がしています。

それはここ高松だけに限った話ではないし私の関連しているこの業界だけでもないので

寂しい限りです。

ここ数年ひと昔前のドカなんかのスーパーバイクの値段が相場的には見たくないような安い数字でした。

昨日の業者のオークションの結果をみてると2000年ごろのデスモクワトロ

いつもの倍ぐらいの値段で売買されてたりしたり単気筒や851なども現行車よりも高いんじゃないか?

というような金額でした。

オートバイがオートバイらしかった時代のバイクにもどりつつある。

そんな話をよく聞くようになりました。

オートバイ乗りの平均年齢が53歳?ですか。

そりゃそんな話になるかもしれませんね。

うちのお客様方は自身の好きなオートバイを大切にされてる方が多く乗り換えが少ないので

必然的に古いバイクの修理や取り扱いが多いかもしれません。

これから先も自身の好きなオートバイに乗ったりするのが良いですね。

自分の1台

悩ましいです。

なにがよいのでしょう?
IMG_2740.JPG

逃げた?

2017年2月28日

昔から2月は日数が少ないことや知らないうちに終わってしまうからか?
逃げると言われておりますが今年もまた実感でございます。

いぬ、逃げる、去る

1,2,3月のことですが2月はお休みをいただいたこともあり本当に

逃げました。笑

いつのころからか1年が過ぎるのが速いですが50歳を過ぎて加速してきたのではないかと感じます。

年齢やライフスタイルの変化、景気などによりオートバイに乗る人がめちゃ減少しております。

そんなんですから残っておられる方は濃い方が多く好きなオートバイを更なる一台にと

グレードアップやカスタム及びフルメインテナンスされる方が増え私の仕事も

簡単な作業から長期戦のものが増え昨年の肘の故障により体力的にストップ

これも早いもので手術から1年。何とか痛みも減ってきて使えそうな予感も。

趣味やライフスタイル、どんどんシニアな傾向に進んできているかもしれません。

皆様はいかがですか?

体力や気力もちろん、資金面もありますが体が動いてまだお金や気力が衰えていないうちに

やりたいことややってみたいことには挑戦したいですね。

そのうちいやでも動けなくなるときが訪れそうです。

オートバイにおいてもこの一台はずっとともにする。

考えてみませんか?

私もことあるたびに考えております。

アップハンドルかな?キックかな?いやセル付きだろう?

妄想が膨らんでおります。

日々の積み重ね作業です。

今月もお世話になりました。

写真は先日のお休みいただいき訪れた南の島にて

こんな場所思い立ったときでなければいけないですよね。

誘ってくれた先輩に感謝です。

ALA_7814.JPGALA_7673.JPG

番外編

2017年2月24日

こんにちは。まだまだ寒かったりしますね。
2月なんでしょうがないですが日が暮れるのが遅くなってきて

何だか春の予感はありますがまだまだ水で手を洗うのがつらいです。

写真はジーンズなのですが私昔からずっとリーバイス501が大好きで

それもノンウォシュのバリバリ硬いやつを買って自分なりの色に変化していくのが好きでした。

ところがいつからでしょうか?かなり前から普通に売ってる501などは生産国がまちまちで

バリ硬の生地どころかやわやわで手に取って触った瞬間に元に戻したりしてお気に入りのジーンズ

私の中ではなかなかなく貴重品扱いになったりしてます。

そんな中今回はここ高松の老舗ジーンズ店のファーマーズさんが新しい生地の本物の藍染めで染められた素材を入試してたので
さっそくオーダーして作ってもらいました。
このファーマーズ製ジーンズなにがすごいのか?

オーナーのそごうさんがなんと生地から裁断して手作りしてくれるんです。

藍染ジーンズでそれも完全なハンドメイド

これで自分のお気に入りの1本ができるのであれば最高です。

ガンガン洗ってガンガン使ってね!というお言葉でしたので

さっそくガンガン洗ってみました。

平成の現在、モノがあふれまわっていますが本当に欲しいものが売ってなく結局こんな風なこだわりをもって製作されたもの

オーダーしてしばらく待って手に入れる。

時代がまた変化しつつあるのでしょうかね?
ジーンズ愛用家の欲しい1本なのかもしれません。

IMG_0890.JPG

‹ PREV 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

このページの先頭へ